COMPANY

会社情報

会社概要

社名 株式会社 関 広
資本金 1000万円
代表者 代表取締役会長 美馬 哲
代表取締役社長 南部 和久
本社

〒604-0857

京都市中京区烏丸通二条上る蒔絵屋町256番地

社員数 20名(2019年12月現在)
北海道新聞社

VALUE OF KYOTO

京都の観光客数は年間五千万人を超えた。
なぜそんなに京都が人を惹きつけるのか。
これは「場所」と「文化」の関連性が、
日本のどの地域よりも強いことに起因している。
つまり京都という場所に、京都という文化があるからだ。
まさしく、それが京都の「価値」である。

香

テーマは「五感」。

株式会社関広が本社を置く京都は、五感の生態系都市でもある。ヒトの五感を刺激する「いろ」や「かたち」、「音」や「匂い」、「手触り」が古来から尊重され、今も息づく地平である。もとは神に捧げる動物の死臭を消すために考案された「香を薫く」という行為も、のちに香りだけが神に捧げられ、この国で香りは香道という文化に高められている。「嗅(か)ぐ」という行為や言葉の響きが高貴でないとして「香り」を「聞く」と形容した往時の人びとの知恵は、もはや現代人にはない。インターネットもバーチャルリアリティもなかった時代に、人間は五感を駆使しあり得る想像力を総動員して、その物、その事、その人の本質を嗅ぎ分け見きわめようとしたのである。なぜなら人びとにとって五感が唯一のメディアであり、「情報」の受発信装置であったからだ。その時代とその人びとに学ぶべきことは多い。京都にその手がかりが今も無尽蔵にある。起源がある。未来があるのだ。 

(「CONCEPTBOOK OF KANKO」より)


Contact Us

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話でご連絡ください

075-212-5230

受付時間:9:30〜18:00